『phonon - ゼロと白 歌詞』収録の『ゼロと白 e.p.』ジャケット サブ フル

ゼロと白 歌詞

歌手
phonon

phonon「ゼロと白」歌詞

夜の帳に溶け込む僕は
ゼロと白を両手に抱えて
夜の彼方、名前のない星を見つけた


始まりはいつも 孤独の光
ゼロにイチを足したその時に
零れたのは 僅かな淡いトロイメライ


ハジマリの駅を超えて
産まれた僕らの声は
心の居場所を探し 泳いでいく
何処に辿り着くのかも
曖昧な列車の中
未だ見ぬ朝を願う
動き出した心臓はまた鳴らせるか
未来の音を


人は誰でも 孤独の光
虚しさに凍えるような冬空に
流れるのは 名前の無い僕の涙


カナシミの駅に降りて
痛みを覚えた僕等は
誰かの痛みでまた泣く
いつかその繰り返しを
「ゼロ」と名付けて
産まれた心を「白」とよんだ
走り出すその意味が 愛しく思うって
君は笑える?


銀河の隅でひとつ 終わる鼓動
時間は気にも留めず 廻り、流る
そして次の駅へ


サヨナラの駅を超えて
産まれた光が
空の掌に 微かに灯れば
息を続ける理由の
陽だまりになる
凍える心の 陽だまりになる


繰り返すゼロを超えて
産まれた声は
涙の居場所を探し 泳いでいく
夜の闇を走る列車の中
どう足掻いても孤独な僕等だから
灯る命が輝く


『phonon - ゼロと白 歌詞』収録の『ゼロと白 e.p.』ジャケット
シェアリンク
発売日: 2015.06.24
曲名: ゼロと白
歌手: phonon
ステータス: サブ フル

もし修正があれば、一緒に改善しましょう:

『公式の歌詞がリリースされ次第このページを更新します』

phonon『ゼロと白』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!
NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE