『PELICAN FANCLUB ディザイア 歌詞』収録の『ディザイア』ジャケット 公式 フル

ディザイア 歌詞

歌手
PELICAN FANCLUB
関連作
アニメ「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」ED 2

黙る生命 日々にサイレン
叫ぶ想いは 常にサイレントで流れて
相も変わらず今日も
辿り着けない非常階段


「憧れ」「諦め」が
八の字描いてループして
出口へ導く灯は心が焦がれる方へ


抱いていたディザイア 消したい災いが
非のないところに常識などない
抱いていた現在が後悔を睨んだ
どうせ灰になるから僕を見てくれ


君の火は消え 正念は燃え
届かない声 募るもどかしさで壊れて
相も変わらず今日も
行く宛のない喜怒哀楽


意識は爛れている
陽炎のように静寂で
それでもまだ夢見れる
揺れる 触れる希望


待っていた時代が 消したい災いを
引きずり戻し身体に逆らう
抱いていた現在が後悔を睨んだ
どうせ灰になるから僕を見てくれ


血の味がして良かった
舌が燃えるような
甘い期待 ただ待っていた
淡い願い 漂っていた
弱い心 見つめていた
黙ることは出来なかった


抱いていたディザイア 消したい災いが
火のないところに煙が上がって
生きているこの際だ どうなったっていいや
どうせ灰になるなら生命に燃やされて


歌手: PELICAN FANCLUB
関連作: 炎炎ノ消防隊 弐ノ章
発売日: 2020.11.25
作詞: エンドウアンリ
作曲: エンドウアンリ
ステータス: 公式 フル

damaru seimei hibi ni sairen
sakebu omoi wa tsune ni sairento de nagarete
ai mo kawarazu kyou mo
tadoritsukenai hijou kaidan


“akogare” “akirame” ga
hachi no ji egaite ruupu shite
deguchi e michibiku akari wa kokoro ga kogareru hou e


daiteita dizaia keshitai wazawai ga
hi no nai tokoro ni joushiki nado nai
daiteita genzai ga koukai wo niranda
douse hai ni naru kara boku wo mite kure


kimi no hi wa kie shounen wa moe
todokanai koe tsunoru modokashisa de kowarete
ai mo kawarazu kyou mo
yuku ate no nai kido airaku


ishiki wa tadareteiru
kagerou no you ni seijaku de
sore demo mada yumemireru
yureru fureru kibou


matteita jidai ga keshitai wazawai wo
hikizurimodoshi karada ni sakarau
daiteita genzai ga koukai wo niranda
douse hai ni naru kara boku wo mite kure kure kure
kure kure


chi no aji ga shite yokatta
shita ga moeru you na
amai kitai tada matteita
awai negai tadayotteita
yowai kokoro mitsumeteita
damaru koto wa dekinakatta


daiteita dizaia keshitai wazawai ga
hi no nai tokoro ni kemuri ga agatte
ikiteiru kono sai da dou nattatte ii ya
douse hai ni naru nara seimei ni moyasarete


Artist: PELICAN FANCLUB
Tie-in: Enen no Shouboutai: Ni no Shou
Release: 2020.11.25
Did we help?: Help support us here!
Have A Request?: Commission us here!
Status: Official Full

PELICAN FANCLUB『ディザイア』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE