Anemoneの歌詞 アネモネ パスピエ

『パスピエ - Anemone』収録の『synonym』ジャケット
  • 作詞:
    成田ハネダ・大胡田なつき
  • 作曲:
    成田ハネダ

ステータス:

公式 フル

パスピエ「Anemone」歌詞

乾いた笑いと少しの静けさで
いつしか遠くまで来ていたんだと気付く
古びた街灯が足掻いて照らした
路上に影を落としたのは黄昏


錆びた鉄の中に咲くアネモネを眺めていた
誰にも知られないままで凛としているのは何故
いつか枯れてしまう前にまた逢いに行けるのかな
まとわりつく時間を背にアネモネを眺めていた


忘れてしまうのは一番怖いこと
明日の影は傷も飲み込むだろう
もがいて伸ばした頼りない手足が
掴めるものはまだあるのか探して


錆びた鉄の中に咲くアネモネを眺めていた
誰にも知られないままでそれでも倒れないように
深く根を張る姿は何を思っているのだろう
まとわりつく時間を背にアネモネを眺めていた
色褪せて


いつから僕たちは代わりを求めてた
繋がっていられたはずなのに
いつしか縛られていたことに気づいた
終わりから数えたら


錆びた鉄の中に咲くアネモネを眺めていた
誰にも知られないままで凛としているのは何故
いつか枯れてしまう前にまた逢いに行けるのかな
まとわりつく時間を背にアネモネを眺めていた
笑い合ったあの瞬間も手を取り合った感触も
全て消えてしまう前に忘れてしまわないように
誇り高く咲いている姿に何も言えずに
僕らはずっと眺めてた
アネモネを眺めていた


『パスピエ - Anemone 歌詞』収録の『synonym』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.12.09
  • 曲名:
    Anemone
  • 読み:
    アネモネ
  • 歌手:
    パスピエ
  • 作詞:
    成田ハネダ・大胡田なつき
  • 作曲:
    成田ハネダ
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

新着&おすすめ
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE