『踊ってばかりの国 - 帰るからね』収録の『光の中に』ジャケット

帰るからね 歌詞 踊ってばかりの国


Kaeru kara ne Lyrics
帰るからね 歌詞
歌手:踊ってばかりの国

春の曇り空は中身を映すよ 少しの冷たさと一日の気怠さと 両手両足 生温い風に 小雨の気配に 終わってく人に

何がしたいんだろう あの時の悲しみに 何が言えたのだろう 魂もない癖にとか、とか

ライター忘れたよ どうでもいいけど すぐに帰るからね あと三回君が唾吐いたら 僕は帰るからね

ドリンクホルダー 引っ掛けたサイダー ヤニ臭いドアに あの頃の匂い

何を見てたのだろう フウテンの親玉は どこまで行くのだろう 魂の置き場所にとか、とか

約束も忘れたよ どうでも良いでしょ すぐに帰るからね あと三回君が嘘ついたら 僕は帰るからね

ライター忘れたよ どうでもいいでしょ すぐに帰るからね あと三回君が唾吐いたら 僕は帰るからね

発売日:2019.05.01
作詞:下津光史
作曲:下津光史
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

Lyrical Nonsense