地球が丸いなら 歌詞 乃木坂46


Chikyuu ga Marui nara Lyrics
地球が丸いなら 歌詞
歌手:乃木坂46

砂浜を歩いて さざ波を跨(また)げば 白い泡たちが横に並び どこか遠い海へと向かう

濡れたサンダルは乾くけど 口に出した言葉は消えない 頭の中 ぐるぐる 浮かんでは沈んだり…

もし 地球が丸いのなら またきっと 帰って来る 水平線(ホライズン)の彼方から そう 海流に乗って いつの日か 輝いた情熱と愛の日々

流木はようやく 岸へとたどり着く 自分の意思でなく潮のままに ただ流されて来たと語る

運命論者じゃあるまいし すべて決まってたわけじゃない 二人のこの足跡 並んでるのはなぜか?

もし 出会いが偶然なら さよならも巡り合わせ 抗(あらが)えるわけないでしょう ねえ いろいろとあって ここに来て 見つめ合う愛しさと悲しさと…

もし 地球が丸いのなら またきっと 帰って来る 水平線(ホライズン)の彼方から そう 海流に乗って いつの日か 輝いた情熱と愛の日々

発売日:2018.08.08
作詞:秋元康
作曲:山下孝之
ステータス:公式フル

リリース情報

「地球が丸いなら」は8月8日リリースのニューシングル「ジコチューで行こう!」の初回限定盤Type-Dに収録されるナンバーで、大園桃子、齋藤飛鳥、与田祐希の3人が歌唱を務める。公開されたMVでは、“修学旅行で東京に来た高校生”を演じる3人が修学旅行をこっそりと抜け出し、自分達が行きたかった神奈川・鎌倉で思い出作りの旅をするというストーリーが収められている。7月上旬に鎌倉で撮影されたMVには、3人がご当地グルメを食べるシーンを数多く収録。前日は食事を控えて撮影に備えたという3人の食べっぷりに感激した多くの店が、彼女たちに持ち帰りの土産をプレゼントしたとのこと。MVの監督は映画監督の沖田修一が務めた。

Source: natalie.mu
Chikyuu ga Marui nara Lyrics
Artist:Nogizaka46

sunahama wo aruite sazanami wo matageba shiroi awatachi ga yoko ni narabi dokoka tooi umi e to mukau

nureta sandaru wa kawaku kedo kuchi ni dashita kotoba wa kienai atama no naka guruguru ukande wa shizundari…

moshi chikyuu ga marui no nara mata kitto kaette kuru horaizun no kanata kara sou kairyuu ni notte itsu no hi ka kagayaita jounetsu to ai no hibi

ryuuboku wa yooyaku kishi e to tadoritsuku jibun no ishi de naku shio no mama ni tada nagasarete kita to kataru

unmeironsha ja arumai shi subete kimatteta wake janai futari no kono ashiato naranderu no wa naze ka?

moshi deai ga guuzen nara sayonara mo meguriawase aragaeru wake nai deshou nee iroiro to atte koko ni kite mitsumeau itoshisa to kanashisa to…

moshi chikyuu ga marui no nara mata kitto kaette kuru horaizun no kanata kara sou kairyuu ni notte itsu no hi ka kagayaita jounetsu to ai no hibi

Release:2018.08.08
Did we help?:Send us a tip!
Status:OfficialFull
NO TRANSLATION IS CURRENTLY PLANNED High quality translations take time—your support helps us to continue bringing you the best! Please check our Patreon page for ways you can contribute to our work!
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

Lyrical Nonsense