ナイトルール 歌詞煮ル果実

『煮ル果実 - ナイトルール』収録の『ナイトルール』ジャケット
  • 作詞:
    煮ル果実
  • 作曲:
    煮ル果実

ステータス:

公式 フル
シェア:

煮ル果実「ナイトルール」歌詞

意味がないな きりがないな
とってつけたような態度
逃げてたいな 好かれたいな
芝居めいたようにSmile


僕を知った 君は知った
触れてなんかなくとも
『ただぽつんと立ち竦んだ
あの虚勢の塔のよう』


僕の嘘と嘘と嘘と嘘の間 その間
君の嘘と嘘と嘘で清算しよう


ビルの合間 冷えたライター
とってつけたような幸
寂びた雑踏 溺れまいと
藻掻く僕たちを食む


『さよなら』って息を吐いた
痛みなんかないんでしょう
壊したいな 忘れたいな
痛みなんかない間に


僕の嘘と嘘と嘘と嘘の間 その差異が
くたびれたネオン街のルーフに靉靆として
また夜が始まった


アスレチックに飛び乗って
君は舞った 君は舞った
棄てられたライト身に纏って
君は舞った 僕は観てた
廃れたモールに忍び込んで
朝を待った 踊る君が
眩しくてもう日はいらないって
僕は思った 君は泣いた
夜が去った


なんの弁明にしたって
綺麗事だってわかってたよ
僕は僕を救う言葉でしか
君と向き合えないって気付いたよ


すべて始まって終わったあの日の言葉の列を
何故僕は繰り返し 再生してるんだろう


ずっとこの世界で
(君を待った 君を待った)
僕はずっとこの世界で
(君を待った でも駄目だった)


今わかったよ 否わかってた
醒めるしかないんだよな
僕はずっと明けない夜に縛られてた


ああ どれだけ記憶を巡っても
君といた日がこの世の何よりも
あたたかくて ずっといたくて
でも抜け出さなくちゃ


アスレチックに飛び乗って
君は舞った 君は舞った
棄てられたライト身に纏って
君は舞った 僕も舞った


そして最後に手を振って
君は泣いた 君は泣いた
哀しくてもう日はいらないって
僕は泣いた 僕は泣いた


君が去って 僕が去って
夜が去って すべて去って
ただ笑って 「さよなら」って
僕は言って 目を醒まして


朝になった


『煮ル果実 - ナイトルール 歌詞』収録の『ナイトルール』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.12.25
  • 曲名:
    ナイトルール
  • 歌手:
    煮ル果実
  • 作詞:
    煮ル果実
  • 作曲:
    煮ル果実
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

煮ル果実 『ナイトルール』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ