アイロニーナの歌詞 煮ル果実

『煮ル果実 - アイロニーナ』収録の『アイロニーナ』ジャケット
  • 作詞:
    煮ル果実
  • 作曲:
    煮ル果実

ステータス:

公式 フル

煮ル果実「アイロニーナ」歌詞

生きるのに時間が足りない
今日明日も情報過多なオモリを手に取って
見下してTap Tap 何にも無い朝を歩く
周りの目が凶器みたく思えて


可視化するハートを稼いで
自尊心に手錠をかけて
目配せして生きてく毎日
憧れてた生活に随分と
いたく嫌われたもんだよな


信じたいんだよ 信じたいんだよ
この世界以外の居場所があることを


愛が醒める頃に
僕を離さないでおいて ねえ
見事逃げ切って生き残った暁には
そうさ優越感で優越感で溺れたいや


透明な明日が終われば
僕を壊してくれよアイロニーナ
それがどんなに虚しいことなのかを
まだ知らないで知らないで
濡れそぼった眼をぬぐった


貪んな スナック感覚
上っ面っぺらの愛でのうのうと
『込められた想いなんて、
浸るだけ無駄 無駄 無駄!』
踊れて歌えて皆にウケるか
それが出来ねば仲間はずれか
脅迫観念に駆られ
味の無い果実が増えるけどもさ


信じたいんだよ 信じたいんだよ
何かを成した自分が在ることを
信じたいんだよ 信じたいんだよ
どうかこの隘路になる日々にさよならを


愛が冷める頃に
僕を離さないでおいて ねえ
見事逃げ切って生き残った暁には
そうさ優越感で優越感で溺れたいや
透明な明日が終われば
僕を塗り潰してアイロニーナ
それがどんなに虚しいことなのかを
まだ知らないで知らないで
良いよずっと


宵が冷める頃に
僕が生きてることがアイロニーだ
見事逃げ切って生き残った暁には
そうさ憂鬱感で憂鬱感で溺れたいんだ
透明な言葉で僕を
ずっと救ってくれよアイロニーナ
それがどんなに悲しいことなのかを
まだ知らないで知らないで
延びた手をぎゅっと掴んだ


この歌自体がアイロニーだ


『煮ル果実 - アイロニーナ 歌詞』収録の『アイロニーナ』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.06.19
  • 曲名:
    アイロニーナ
  • 歌手:
    煮ル果実
  • 作詞:
    煮ル果実
  • 作曲:
    煮ル果実
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

煮ル果実 『アイロニーナ』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ