『小袋成彬 In The End 歌詞』収録の『Piercing』ジャケット 公式 フル

In The End 歌詞

歌手
小袋成彬

見慣れた駅前
呼び出されるまで
数えた思い出
温めた体を暗い朝隠して
ふざけよう銀座で
時々休みも取って
出かけた
できるだけ遠くの国へ
リゾートは趣味じゃねえ
昔から住んでたみたいな安宿を選んで
無くしたピアスがまた見つかるまで
続くはずの物語


終わりがある
話をしよう
何もかもを
溶かしたままで
最後君は振り向いた
つまり俺は見つめてたのか
忘れよう
夏が近い
涙は聞こえない
忘れよう


話をしよう


『小袋成彬 In The End 歌詞』収録の『Piercing』ジャケット
歌手: 小袋成彬
発売日: 2019.12.18
作詞: Nariaki Obukuro
作曲: Nariaki Obukuro
ステータス: 公式 フル
In The End Lyrics
Artist: Nariaki Obukuro

minareta ekimae
yobidasareru made
kazoeta omoide
atatameta karada wo kurai asa kakushite
fuzakeyou Ginza de
tokidoki yasumi mo totte
dekaketa
dekiru dake tooku no kuni e
rizooto wa shumi ja nee
mukashi kara sundeta mitai na yasuyado wo erande
nakushita piasu ga mata mitsukaru made
tsuzuku hazu no monogatari


owari ga aru
hanashi wo shiyou
nanimo kamo wo
tokashita mama de
saigo kimi wa furimuita
tsumari ore wa mitsumeteta no ka
wasureyou
natsu ga chikai
namida wa kikoenai
wasureyou


hanashi wo shiyou


Artist: Nariaki Obukuro
Release: 2019.12.18
Did we help?: Help support us here!
Have A Request?: Commission us here!
Status:
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞
Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE