『森山直太朗 最悪な春 歌詞』収録の『最悪な春』ジャケット 公式 フル

最悪な春 歌詞

歌手
森山直太朗

絵に描いたような空と 空に描いたような絵があって
どっちの方がステキと 驚くような日の光 見つけた頃に忘れちゃう


音を消したテレビが 止まって見えるようなことがあって
ドクダミを摘んだら お茶にして飲もうか それは誰の提案


卒業式もなくなった 全米が泣いたロードショー


最悪な な な なのになぜ お腹ばっかり減るんだろ
最悪な な な 春のせいさ 虞美人草が揺れている


人のいなくなったカフェの なんも面白くない本だって
ないってことはないんだし それだけじゃない白と黒
寄らないように混ざり合う


放っておいてくれないか 待ち焦がれてるニューデイズ


最悪な な な なんてまた すぐに上から塗り替えられちゃう
最悪な な な 春がほら 歩道橋から見つめてる


どこからどう見ても どこをどう切っても これはきっと最悪な春
最悪な こ の 春をずっと 僕は 僕らは 忘れないだろう


最悪な な な なのになぜ お腹ばっかり減るんだろ
最悪な な な 春のせいさ 虞美人草が揺れている


最悪な な な なんてまた すぐに上から塗り替えられちゃう
最悪な な な 春がほら 歩道橋から見つめてる


虞美人草が揺れている


『森山直太朗 最悪な春 歌詞』収録の『最悪な春』ジャケット
歌手: 森山直太朗
発売日: 2020.05.29
作詞: 御徒町凧
作曲: 森山直太朗
ステータス: 公式 フル

森山直太朗『最悪な春』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞
Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE