『nano.RIPE - イトシキヒビ 歌詞』収録の『月に棲む星のうた 〜nano.RIPE 10th Anniversary Best〜』ジャケット 公式 フル

イトシキヒビ 歌詞

歌手
nano.RIPE

面影を少し残すように
淡い花の色に染まる今


空ばかり見てつまずくなんてあの子らしくていいな
憧れるだけ憧れたなら次はあたしの番でしょう


そうやって積み重ねたふたり分の日々
止まった時計も指の先ひとつで動き出すよ


面影を少し残すように淡い花の色に染まれ
懐しむほどに薄れない 愛し声は今も響く あたしの中


春の手前で立ち止まるたび蘇る物語
助走をつけて飛び越えた夏 擦り剥いたヒザの痛み


何も消えはしないよ 零れ落ちても
いつかまた会えたら誇れるあたしでいられるように


ともしびを胸に秘めながら渡り鳥のように歌え
ココロまで二度とはぐれない 目指す場所が帰る場所があるから


夢を見るの 遠くなるの 夢中で走り抜けた道
未来のあの子の後ろ姿


面影を少し残すように淡い花の色に染まる
涙でふやけた胸の奥 愛し声が響く 響く


ともしびに今をくべながら渡り鳥のように歌え
ココロまで二度とはぐれない 目指す場所は帰る場所は
あたしの中 咲き続ける


歌手: nano.RIPE
発売日: 2020.09.23
作詞: きみコ
作曲: きみコ
ステータス: 公式 フル

nano.RIPE『イトシキヒビ』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE