エンブレム 歌詞nano.RIPE

アニメ「食戟のソーマ 神ノ皿」ED

『nano.RIPE - エンブレム』収録の『エンブレム』ジャケット
発売:
2019.11.06
作詞:
きみコ
作曲:
佐々木淳

nano.RIPE「エンブレム」歌詞

どこまでも行けるだろう
ぼくが今纏ってるのは決して消えない命の音だ


行き当たりぼくはヒトリ 見渡す限りに広がる
現れた壁のどこかに新たな扉があるという


選んだもの その後ろで選ばれなかったもの
いつかぼくが手放したもの その中に扉を開く鍵がある それでも


ココから進まなくちゃ ぼくが今手にしてるのは
何かを諦めてでも守ろうとした証だ
時には剣になって時には盾になるそれが
きっとこの先塞いだ道拓く鍵になる


捻じ曲げた本音の数 迷子の夜に積み上げて
思い切り泣けるくらいに器用なぼくなら今頃は


隠してきた 本当はずっと吐き出したかったこと
いつかぼくが定めたのは くだらない意地の類だとしても そうして


ココまで辿り着いた ぼくを今作ってるのは
弱さを飲み込んだまま強がり続けた日々だ
夢寐にも忘れないように心臓の前にぶら下げて
ぎゅっとするたび握った手のひらに刺さるように


強くなるほどに忘れてしまうその中の弱さを
怖くなることで手にしたのは本当の強さだ
もう何も欲しくないと思えないぼくはただ
はじめから聞いていた命の音を頼りに


どこまでも行かなくちゃ ぼくを今守ってるのは
傷だらけでも確かに光り続ける証だ
時には剣になって時には盾になるそれが
きっとこの先塞いだ道拓く鍵になる


nano.RIPE『エンブレム』の 詳細

『nano.RIPE - エンブレム 歌詞』収録の『エンブレム』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2019.11.06
曲名:
エンブレム
歌手:
nano.RIPE
関連作:
食戟のソーマ 神ノ皿
作詞:
きみコ
作曲:
佐々木淳
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

nano.RIPE『エンブレム』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

nano.RIPE エンブレム 歌詞 (食戟のソーマ 神ノ皿 ED)