上白石萌音 夕陽に溶け出して 歌詞

『上白石萌音 - 夕陽に溶け出して』収録の『name』ジャケット
  • 発売:
    2022.07.13
  • 作詞:
    小林武史
  • 作曲:
    小林武史
シェア:

ステータス:

公式 フル

上白石萌音「夕陽に溶け出して」歌詞

賑わっている街で ぼんやり空を見上げる
遠くで傷む心 毎日ニュースが告げてる


真実ってわからない
他人も上手に庇えない


無数にある正しさ
だけど答えはきっと
自分の中に吹く風だよ


明日がもしも 晴れるなら
空を見上げて歩きたい
いつもの道も違ってる
自分の眼で見つけていくよ


光と影が 織りなしてる世界
感性のボリュームを上げて


毎日続いていく 争いごとを避けて
笑顔でかわすことなら 少しは上手になれた
だけど 気づき出しているんだ


夕暮れの空 ちぎれ雲 どこまでも広がってるけど
自分の歩幅は小さくて 頼りない靴音鳴らす
孤独の淵が 曖昧になるような
夕陽が溶けて 鼓動と重なる


この道を歩いてく どこかに繋がってる
そこに何があるのか 分かることはないけど


昔から星は夜空に 月は蒼白く照らされ
みんな同じもの見て 違う夢見て


明日がもしも 晴れるなら
あなたに会いにいこうかな
いつもの道も違ってる
まるで答えのように思えた


太陽が沈んでいったなら
みんなで また還っていくんだ


どこまでが 自分なのかさえも
気づかないほど 夕陽に溶け出して


  • 発売日:
    2022.07.13
  • 曲名:
    夕陽に溶け出して
  • 読み:
    ゆうひにとけだして
  • 歌手:
    上白石萌音
  • 作詞:
    小林武史
  • 作曲:
    小林武史
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

上白石萌音 『夕陽に溶け出して』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ