『宮下遊 - カトリーナ 歌詞』収録の『錆付くまで』ジャケット 公式 フル

カトリーナ 歌詞

歌手
宮下遊

宮下遊「カトリーナ」歌詞

眩暈がする午前三時
乾き切ったシフォンケヱキ
間違いや正しさなど
二方向性の世界なのさ, 疑って?


幼気な花のように
呼吸さえも甘く響いた
祈るように瞑る少女を


褫え。


生命兆候を確かめて
心臓狭窄を飼い殺せ
単純明快に僕たちで
夜を脱走よう, カトリーナ


唾液を飮み込んだ
踏み附けた時刻表
理由なく彷徨う目
あやふやな記憶を辿った


正しいを認めたくて
第一歩を踏み出した
眩惑の奥へ


高揚, 心拍を掻き鳴らす
脈拍, 頚動を詰まらせて
最終判断は疑わずに


毀せ。


サイレン放送を無爲にして
ハイウェイ抗爭を弾け飛ぶ
(NeonLights)
景象を燬き附けて, 言葉にして


カトリーナ


発売日: 2021.01.20
曲名: カトリーナ
歌手: 宮下遊
作詞: 楽園市街
作曲: 楽園市街
ステータス: 公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE