よみ:
きみとぼくのひゃくごじゅうよんしょうせつせんそう

君と僕の154小節戦争 歌詞美波

『美波 - 君と僕の154小節戦争』収録の『DROP』ジャケット
発売:
2021.07.21
作詞:
美波
作曲:
美波

美波「君と僕の154小節戦争」歌詞

愛してくれなくたっていいから
夜はいつもより狭くなるから
もう心配しなくたっていいさ
置き手紙残した


正解だったとか
間違いだったとか
そんなことどうでもよかったよ
あーでも


明日をちょっと避けたくて
僕らはそっと逃げ出した
握ったえんぴつ武器にして
僕ら怖いものはないのだと
大人になった僕たちに
手紙を書いてみたけど
きっとまだ僕らは知らない
宛先不迷


届かないの


過去に追い抜かれて
未来(さき)に置いてかれた
正しい言葉(ノイズ)がこの胸で
惑(おど)る 惑(おど)れ


いつか いつか
この小さな手に掴めるものですか
どうか どうか
と夜空に願えば叶うものなのでしょうか?


大人になった僕たちは
自分勝手に鍵をかけて
決めつけてしまったんだ


もう可能性はないのだと


明日をちょっと避けたいが
僕らはぐっと食いしばる
握った両手を武器(かて)にして


まだ諦めたくはないのだと


君と僕の戦争は長きに渡って続くが


ずっと忘れかけていたあの頃に
きっと僕らまた出会おう


君と僕の終わらない154小節戦争


まだ僕はやれるよ


愛してくれていたんだね。


美波『君と僕の154小節戦争』の 詳細

『美波 - 君と僕の154小節戦争 歌詞』収録の『DROP』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2021.07.21
購入:
曲名:
君と僕の154小節戦争
よみ:
きみとぼくのひゃくごじゅうよんしょうせつせんそう
歌手:
美波
作詞:
美波
作曲:
美波
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

美波 君と僕の154小節戦争 歌詞