アザミ 歌詞神野メイ

『神野メイ - アザミ』収録の『INNOCENT』ジャケット
発売:
2022.01.22
作詞:
神野メイ
作曲:
神野メイ
編曲:
中村コロスケ中村コロスケ

神野メイ「アザミ」歌詞

飲み込んだその言葉は
きっと誰より僕を知っているんだ
意地張って間違うのが怖いから
何回も願ってた特別になりたい
憂鬱な芝居振りまいたって今日も代わりやしないのに
後悔が昨日までに支払った税なら
希望の1つまたは2つ
そのくらいは返してくれよ
無表情な時間に少しの期待をして
そろそろ返されるはずと心に居場所をぽっかり空けて待つんだよ


忘れたくて忘れたくて嫌い続けた日々も
今の僕に何かしらの幸せをくれたんだろう
独りじゃなく1人になる
瞳で今を見たいから
音がなくたって歌っていたいんだよ
千切れそうなほど
限られた無限の命が僕にそう言うんだよ


正論に穴を開けて本能を突き刺したら
損得勘定もないよ
剥き出したありのまま
本当の事なんて幾らでも嘘になった
そうやって期待すんだ
裏切りも慣れてしまったから
有限の時間に突き放されぬように
昨日の影を追いかけて抜かした
紛れもない僕はここにいる


暮れる日々がまた明日と
弱りかけた僕に言う
だから今日はさようならと
敢えて置き去りにした
わざとらしく笑みをこぼす
何者でもないけど
弱いままだって歌っていたんだよ
紛らわしてもう一度


喜びが増えるこの頃だ
無駄に時間だけ過ぎたわけじゃないんだね
溢れ出した涙の仕舞い方を忘れたんだ
どうなっていたんだろう
もしもって憂いて仕方ない


忘れたくて忘れたくて嫌い続けた日々の
曇り空を剥がして見た、悶えもぬけおちてゆく
忘れたくて忘れたくて嫌い続けた日々も
今の僕に忘れられない幸せをくれたんだろう
例えたら僕の胸はあざみ
だけど絶景の前


ほんの少し目を垂れて
沈んでもいいかな
枯れた音が静かに寄り添う夜は


神野メイ『アザミ』の 詳細

『神野メイ - アザミ 歌詞』収録の『INNOCENT』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.01.22
購入:
曲名:
アザミ
歌手:
神野メイ (かみのメイ)
作詞:
神野メイ
作曲:
神野メイ
編曲:
中村コロスケ中村コロスケ
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

神野メイ『アザミ』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

神野メイ アザミ 歌詞