幽霊前線 歌詞末代雨季。

『末代雨季。 - 幽霊前線』収録の『幽霊前線』ジャケット
  • 作詞:
    末代雨季。
  • 作曲:
    末代雨季。

ステータス:

公式 フル
シェア:

末代雨季。「幽霊前線」歌詞

思い出は焦がれて前線に
今の価値を測り続けている
見えた幽も霊も重ねて
停滞していたいらしい


あの頃に戻れはしないが
お別れをしたつもりもないんだ
期待と裏腹の体温計も
サヨナラの延滞料も
笑えなくなっている


迷う程にこの目に映り込んでしまうのは
未来なんて感じる余白がありはしないから
“見たいままに網膜に人は描く”と言うなら
教えてよ、失った物を
疑う余地もないくらいにさ


後悔しないだけの寿命とか
虹を分け合う水溜りだとか
優しい妄想にまとめて
昨日も清算したい


「ずっと。」の意味が違っていても
「またね。」の意味はお揃いがいい
そんな憂も愁いもやがては流れ落ちていく


気付いたんだ
答がない事が答という事を
ため息の数だけ息を吸っていた事を
迷っていた時間もまた僕を作るというなら
背負って行こう 忘れないように
サヨナラ、幽霊前線の向こう
どうか正しく色褪せて欲しい


『末代雨季。 - 幽霊前線 歌詞』収録の『幽霊前線』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.06.07
  • 曲名:
    幽霊前線
  • 歌手:
    末代雨季。
  • 作詞:
    末代雨季。
  • 作曲:
    末代雨季。
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

末代雨季。 『幽霊前線』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE