ほしに例えばの歌詞 ほしにたとえば majiko

『majiko - ほしに例えば』収録の『世界一幸せなひとりぼっち』ジャケット
  • 作詞:
    majiko
  • 作曲:
    majiko

ステータス:

公式 フル

majiko「ほしに例えば」歌詞

将来の夢より
生まれ変われたら
何になりたいかを
考えてました
当たり前のように
前世でも僕と
一緒だったと言う
君とそう変わらない
似た者同士は
引き合う運命
顔もどことなく
似ているらしいけど
どこも似ていない
僕らはどうして
手繰り合うように
惹かれ合ったの?


長いようでさ、短い時間の間に
二人がいる


世界で初めて
誰かに向けた愛の言葉は何?
言葉が無い頃
僕らは愛を指差し例えた
きっと何億光年光っている
ほしに例えば


回っていたのは
空ではなかったし
常識はたまに
疑うべきだね
信じることしか
出来ない君には
仕方ないから手を
繋いであげる


僕はまた僕になることを望むのかもな
君はどう?


何度も何度も
出会って離れてしまう運命でも
方向音痴の
君には僕がいなきゃダメでしょ?


世界で初めて
誰かを愛した人がいたから ねぇ
僕らはこうして
出会えたのかもしれない
そう思う
きっと何億光年光っている
ほしに例えば


『majiko - ほしに例えば 歌詞』収録の『世界一幸せなひとりぼっち』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.12.02
  • 曲名:
    ほしに例えば
  • 読み:
    ほしにたとえば
  • 歌手:
    majiko
  • 作詞:
    majiko
  • 作曲:
    majiko
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE