エスケイパー 歌詞 majiko


Escaper Lyrics
エスケイパー 歌詞
歌手:majiko

裸足のまま 僕は走る 暗闇の中ただ 独り 僕を呼んで 僕を照らして 何色かもわからない 光

届かないさ、と 簡単に決めつけんな 僕は僕を生きるため 足宛いて、走って

僕の名前 呼ぶのは誰 此処に来る前聞いた その声

ガムシャラだっていいから 死にたくなっていいから ここへおいでと笑う声 何を「頑張れ」ゃいいんだよ 「生きてる」を褒めてくれ 走る、転ぶ、走れ

七転んで、八転んだ もう動きたくなんてないな 傷が痛んだ けどウラハラ ほんの軽傷で呵々大笑

届きそうじゃん って背中を押してくれ 光がみんな出口なんて 信じちゃいないけど

明日は今日とどこか 少しよく似た何か 長い闇にも目は慣れて 千切れながらも走る むしられながら走る 見える見える 光

ガムシャラだっていいから 死にたくなっていいから あと少しだと笑う声 きっと一欠片でも 僕のなにかが届く 光光、光れ

発売日:2018.07.04
作詞:jam・majiko
作曲:H ZETT M
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE