鯨工場 歌詞Maison book girl

  • 作詞:
    サクライケンタ
  • 作曲:
    サクライケンタ

ステータス:

公式 フル
シェア:

Maison book girl「鯨工場」歌詞

僕らの唄はどこに届いているんだろう。
「鯨波の街」の海辺で誰か泣いてるの。


それに気付いたの。海の深くから、僕で遊んでる鯨の歌声。
幼い頃から耳鳴りの様に遠くで、彼らはそっと鳴き始めていたよ。


夢の中のあの話、本当は何処かで続いていた。
本の家の少女たち、気付かないまま。


僕らの声はどこに届いてゆくんだろう。
雨の日の言葉は誰の声だったの。
僕らの声はどこに続いてゆくんだろう。
体だけ無い鳥がどこかで見てるの。


階段の上から眺めたベランダ、青いカーテンが隠してた景色。
何も知らないで音符を置いてる。小さな部屋の中で何かを造ってた。


街外れの工場に煙突が綺麗に並んで。
錆びた鉄の匂いだけ微かに触れる。


僕らの唄はどこに届いているんだろう。
帰り道の途中、見慣れない路地裏。
僕らの唄はどこに続いているんだろう。
首だけの鳥は神社から飛び立った。


僕らの朝はどこに隠してしまったの。
鯨の歌声が夢を崩してく。
僕らの朝は次の唄で明けてゆくの。
「鯨波の街」の海辺で君は泣いてるの。


シェアしよう!
  • 発売日:
    2019.04.03
  • 曲名:
    鯨工場
  • 歌手:
    Maison book girl
  • 作詞:
    サクライケンタ
  • 作曲:
    サクライケンタ
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

Maison book girl 『鯨工場』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE