Fiction 歌詞Maison book girl

『Maison book girl - Fiction』収録の『Fiction』ジャケット
  • 作詞:
    サクライケンタ
  • 作曲:
    サクライケンタ

ステータス:

公式 フル
シェア:

Maison book girl「Fiction」歌詞

綺麗な朝 君の横顔照らしてる
椅子に座り 涙を眺めてる
正しさとか 嘘の中で消えてくの
間違いとか 許された日々とか


そんな朝も壊れてしまって
手のひらには傷だけが残って
折れた傘をさした帰り道
揺らぐ声と指切りをしたね


柔らかい羽をもいだら きっと
君といた部屋に戻る
最初の約束をした日 割れた
朝が降る この部屋に
綺麗な朝 誰の横顔 忘れたな
倒れた椅子 煙を眺めてる
そんな朝も偽物だったの
薄れてゆく 匂いも痛みも
雨が止んで 眩しい光が
何もかもを 忘れさせてゆく
背中には羽の跡だけ残り
誰もいない屋上で
約束も忘れた僕ら 君は
影の中 見つめてる


柔らかい羽をもいだら きっと
君といた部屋に戻る
最初の約束をした日 ずっと
忘れない 晴れた日に
柔らかい羽をもいでる 僕ら
屋上で泣いている
最後の約束をしてる 僕ら
朝が降り 手を繋ぐ


『Maison book girl - Fiction 歌詞』収録の『Fiction』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.06.24
  • 曲名:
    Fiction
  • 歌手:
    Maison book girl
  • 作詞:
    サクライケンタ
  • 作曲:
    サクライケンタ
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE