よみ:
せいしゅんきっぷ

青春切符 歌詞まふまふ

アニメ「クールドジ男子」OP

『まふまふ - 青春切符』収録の『青春切符』ジャケット
発売:
2022.10.26
作詞:
まふまふ
作曲:
まふまふ
編曲:
まふまふ

まふまふ「青春切符」歌詞

だいたいはそんなもんだろうと
ため息で冷ますミルクが
人肌になったなら朝食ってことにした


いつか見た誰かが 窓ガラス越しにすれ違う
あの日のボクらなら 手を振って笑っていた?


忘れたよ
忘れないよって誓ったことほど
小さな駅を飛ばしてしまうように


夢のベルが手招くエンディングロール
青春行きの5番線ホーム
列にあぶれて胸を撫で下ろしている


背負い込んだカバンの底にあった
いつかの行く当てだとしたって
きっと立ち止まったまま
寝過ごしたんだろう


夏風の小道は
不器用な夢を並べていた
ああ ボクら どうして大人になるんだろうなあ


いつか見た誰かが 窓ガラス越しにすれ違う
あの日のボクらだよ 手を振って笑っていた


いい加減夢から覚めたらどうだい
って 何年振りだっけ 見慣れた知らん顔
変わらないものはひとつもないみたい


大層なものじゃないなら叶いますように
いつか見つけてもらえますように
B4の紙に書ききれないボクらを


しわになった上着にしまい込んでいた
何度も夢にみた未来は
きっと今も待っている
大人になっても


夢の改札を行く君を見ていた
歩き出せる術もボクはないけど


あの日々へ繋がるのなら


もう一度君に会いにいく
何も忘れないように


夢のベルに駆ける 青春切符
後悔発の5番線ホーム
ボクらを止めるものひとつもないんだよ


背負い込んだカバンの底にあった
いつかの行く当てだとしたって
きっと立ち止まったまま
寝過ごしたんだろう


まふまふ『青春切符』の 詳細

『まふまふ - 青春切符 歌詞』収録の『青春切符』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.10.26
購入:
曲名:
青春切符
よみ:
せいしゅんきっぷ
歌手:
まふまふ
関連作:
クールドジ男子
作詞:
まふまふ
作曲:
まふまふ
編曲:
まふまふ
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

まふまふ『青春切符』の Official Music Video

まふまふ『青春切符』の Promotional Video

「まふまふ」コメント

光栄なことに主題歌を務めさせて頂く事になりました、まふまふです。


クールな男の子だけど、実はちょっと天然だったりする。
「ギャップ」ってなぜか魅力的に見える魔法だと思っています。
そんなカッコかわいい男の子たちの日常は、この現代社会において、誰しもに切望された稀有な光景であり、磨耗した心に救いをもたらしてくれると確信しています。


コメディなアニメは大好きです。
非常に楽しみです。


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

まふまふ 青春切符 歌詞 (クールドジ男子 OP)