サマーフレーム 歌詞 *Luna


*Luna - Summer Frame Lyrics
サマーフレーム 歌詞
歌手:*Luna

予定もなく出かけよう サンダル履いて 白いワンピース 身にまとったら

人影もない地平線 切り取ってゆく 麦わら帽子 飛ばされぬように

この町で何度目の夏になるかな なんでだろう もう次の君が恋しいよ

さぁこの夏を巡る 数えきれないフレームを 取りこぼさないように 拾ってゆこう

目的地は決めないで 探検しよう ぬけがら一つ 目印に置いて

この森で何度目の夕日になるかな あっという間に また一日が終わっちゃう

さぁこの夏を巡る 数えきれないフレームを 取りこぼさないように 拾ってゆこう

このまま終わらないで 終わらないで 何も変わらないままの夏が嫌いだったの 誰かに見つけて欲しいなんて思った夜は 忘れかけの子守歌で 眠るの

発売日:2018.8.25
作詞:*Luna
作曲:*Luna
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE