よみ:
かげになる

影になる 歌詞Lenny code fiction

発売:
2018.08.22
作詞:
片桐航
作曲:
片桐航

Lenny code fiction「影になる」歌詞

離れる事なく 目立つ事もない
大切な人にその影を重ねてみた
照らされた日々に隠れてた人
何もない僕を愛した人


You were memories and in my back


一人で平気と嘘をついてた日も
すぐ近くに この近くに


出会った瞬間を今も覚えている
光が当たると浮かび上がる日々
無数の経験が舞台を照らしている
どこかで見てるか いつでも
そのままでいいと言われてるそんな気がして涙が出る
前向いて気付かない時も
僕が当たる光の後ろで


暗がりの中じゃ自分自身も見えない
眩しさは君を大きくした


You were memories and in my back


たまには下を向いて思い返した
気付いたこと 気付いてたこと


迷った瞬間に会いたくなった人
理由があるから守りたくなった人
一人じゃ贅沢な時間と人生を
その人にあげる 影になり 想う


ただ触れるだけで一つになれるかな
形も心も同じになれるかな
黒に溶けたのは ただ恥ずかしいから
輝くあなたで 泣いてしまうから


迷った瞬間に会いたくなった人
理由があるから守りたくなった人
出会った瞬間を今も覚えていて
下を向いた時に気付けた
そのままでいいと言われてるそんな気がして涙が出る
同じ形 君もそのままで
僕が当たる光の後ろで


無数の経験が舞台を照らしている


Lenny code fiction『影になる』の 詳細

シェアしよう!
発売日:
2018.08.22
曲名:
影になる
よみ:
かげになる
歌手:
Lenny code fiction
作詞:
片桐航
作曲:
片桐航
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

Lenny code fiction 影になる 歌詞