イメージのうた

イメージの詩 歌詞稲垣来泉映画「漁港の肉子ちゃん」主題歌

『稲垣来泉 - イメージの詩』収録の『劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』オリジナル・サウンドトラック (仮)』ジャケット
  • 作詞:
    吉田拓郎
  • 作曲:
    吉田拓郎

ステータス:

公式 フル
シェア:

稲垣来泉「イメージの詩」歌詞

これこそはと 信じれるものが
この世にあるだろうか
信じるものがあったとしても
信じないそぶり
悲しい涙を流している人は
きれいなものでしょうね
涙をこらえて笑っている人は
きれいなものでしょうね


男はどうして 女を求めて
さまよっているんだろう
女はどうして 男を求めて
着飾っているんだろう
いいかげんな奴らと 口をあわせて
俺は歩いていたい
いいかげんな奴らも 口をあわせて
俺と歩くだろう


たたかい続ける人の心を
誰もがわかってるなら
たたかい続ける人の心は
あんなには燃えないだろう
傷つけあうのがこわかった昔は
遠い過去のこと
人には人を傷つける力があったんだろう


吹き抜ける風のような
俺の住む世界へ 一度はおいでよ
荒れ果てた大地にチッポケな花を一つ
咲かせておこう
俺もきっと君のいる太陽のあるところへ
行ってみるよ
そして きっと言うだろう
来てみてよかった 君がいるから


長い長い坂を登って
後ろを見てごらん
誰もいないだろう
長い長い坂をおりて
後ろを見てごらん
皆が上で手をふるさ
きどったしぐさがしたかったあんた
鏡を見てごらん
きどったあんたが映ってるじゃないか
あんたは立派な人さ


激しい激しい恋をしている俺は
いったい誰のもの
自分じゃ 言いたいのさ
君だけの俺だと 君だけのものだと
裏切りの恋の中で
俺は一人もがいている
はじめから だますつもりでいたのかい
僕の恋人よ


古い船には新しい水夫が
乗り込んで行くだろう
古い船をいま 動かせるのは
古い水夫じゃないだろう
なぜなら古い船も 新しい船のように
新しい海へ出る
古い水夫は知っているのさ
新しい海のこわさを


いったい
俺たちの魂のふるさとってのは
どこにあるんだろうか
自然に帰れっていうことは
どういうことなんだろうか
誰かが言ってたぜ
俺は人間として 自然に生きてるんだと
自然に生きてるって
わかるなんて
何て不自然なんだろう


孤独をいつの間にか
淋しがり屋と かんちがいして
キザなセリフをならべたてる
そんな自分を見た
悲しい男と 悲しい女の
いつものひとりごと
それでもいつかは
いつものように 慰めあっている


『稲垣来泉 - イメージの詩 歌詞』収録の『劇場アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』オリジナル・サウンドトラック (仮)』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.06.09
  • 曲名:
    イメージの詩
  • 読み:
    イメージのうた
  • 歌手:
    稲垣来泉 (いながきくるみ)
  • 関連作:
    漁港の肉子ちゃん
  • 作詞:
    吉田拓郎
  • 作曲:
    吉田拓郎
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

稲垣来泉 『イメージの詩』の MV / PV

「イメージの詩」のリリース情報

6月11日に公開されるアニメ映画「漁港の肉子ちゃん」の主題歌「イメージの詩」の映画版ミュージックビデオがYouTubeで公開された。


「漁港の肉子ちゃん」は明石家さんまが直木賞作家・西加奈子の同名小説に惚れ込み、企画およびプロデュースを手がけた映画。漁港の船に住む訳あり母娘・肉子ちゃんとキクコが織りなすハートフルコメディが描かれる。渡辺歩が監督を務め、STUDIO4℃がアニメーション制作を担当。肉子ちゃんの声を大竹しのぶ、娘・キクコの声をCocomiが演じ、花江夏樹や下野紘、吉岡里帆、マツコ・デラックスらも出演している。


本作の主題歌「イメージの詩」は吉田拓郎のデビュー曲で、さんまが「人生の教科書」と語るナンバー。劇中で描かれる母娘の物語にマッチした名曲を新たな世代にも伝えたいというさんまの提案から、サウンドプロデュースにGReeeeNを、編曲に武部聡志を迎え、10歳の人気子役・稲垣来泉がカバーした。映画版MVでは肉子ちゃんやキクコ、漁港の町の人々が懸命に生きる姿にエールを送るような、あどけなくも力強い歌声を聴くことができる。吉田はこのカバーについて「心の底から『素晴らしい』。今回の『時を超えた奇跡的なレコーディング』に震えました。頬をつたわる涙を僕は『ぬぐう事すら忘れて聴き入りました』。10歳の少女が力いっぱいに(時にはシャウトしながら)歌い切った『新イメージの詩』は決してカバーなどと言うレベルのものではありません。まさに2021年に『叩きつけられた新しいメッセージ』ではないでしょうか」とコメント。稲垣は「さんまさんが声で選んでくれた事に自信を持って私は歌いきりました。さんまさんやスタッフの皆さんが、うなずいてくれたので、とても良い歌になっていると思います」と語っている。


「稲垣来泉」コメント

私は歌が好きですが、うまい方ではなく、とても緊張していました。レコーディングの時は、HIDEさんをはじめスタッフの皆さんが、私にわかりやすく「ここは4時間目の体育の時間が終わった時の感じで歌ってね。」と学校の教科の時間で表してくれたので、とても歌いやすくて面白かったです。さんまさんもとても褒めてくれました。さんまさんが声で選んでくれた事に自信を持って、私は歌いきりました。さんまさんやスタッフの皆さんが、うなずいてくれたので、とても良い歌になっていると思います。


「GReeeeN」コメント

ひょんなことから、さんまさんが出逢った「漁港の肉子ちゃん」という素敵な作品。ボクたちGReeeeNも作品を読ませて頂き、楽しみながら曲づくりに向かいました! 曲をつくり始める前の段階から、さんまさんと何度もお話をし、映画の情景を思い浮かべながら、エンディングテーマの「たけてん」という楽曲になったわけですが、、、「たけてん???」と皆さまの脳内でなっていることと思います。それで合ってます(笑)。この「たけてん」という曲のタイトル、なんと!! さんまさんにつけていただきました!!!! 頭の中で、「たけかんむり」に、天ぷらの「天」と書いてみてください。ある文字が浮かんできたのではないでしょうか。(正確には「天」ではないのですが。。)笑わせたい誰かが居る、笑って欲しい誰かが居る。そして幸せになって欲しい人が居る。そんな気持ちを込めました! また、主題歌の「イメージの詩」に関しても、サウンドプロデュースという形で関わらせていただきました。オリジナルの吉田拓郎さんへのリスペクトを胸に、さんまさんからの「小さい女の子に歌ってほしい」というアイデアを受け、編曲の武部さんとも話し合い、曲が完成しました。歌っていただいた、稲垣来泉さんの素敵な真っ直ぐさに胸をうたれました! 是非、映画館で音楽にも注目してご覧ください!!!!


「明石家さんま」コメント

ドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」の時に実感したことで、自分の体に染み込んだ歌でも、今の時代に伝わるんだというのがわかって「イメージの詩」も、何かしらの形で披露したいと思っていたんです。それで、吉田拓郎さんにご連絡をしてOKをいただいて、「女性に歌ってほしいので、歌詞も変えさせてもらいたい」と伝えたら「いいよ、いいよ、さんまちゃんの自由にして」と。それで、女性目線の歌詞にしようと思って、夜通し考えたけどこの曲は、この歌詞でないとダメだということがわかって。女性に歌ってもらいたいけど、歌詞を変えるのはむずかしいから大人の歌詞を小さい女の子に歌ってもらったらいいんじゃないかと。今回、10歳の稲垣来泉ちゃんに歌ってもらったんですが、ものすごい理解力で。クインシー・ジョーンズが、ボブ・ディランに「語るように歌ってくれ」と言ったというエピソードを伝えて、「ボブ・ディランで」と依頼すると「はい。ボブ・ディラン。」と、楽譜にメモとってくれたり(笑)。思った以上の「イメージの詩」が出来ました。この曲が、また世に出てくれることが嬉しいです。


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ