うそだらけ 歌詞くじら

『くじら - うそだらけ』収録の『生活を愛せるようになるまで』ジャケット
発売:
2022.08.17
作詞:
くじら
作曲:
くじら
編曲:
くじら

くじら「うそだらけ」歌詞

繰り返し思い出す日の
音と絵がずれる
穴の空いた切符
いつのまにかなくした
震える手で足りないものばかり数える


ひとりひとりがすれちがう街で
しずみこんでく
こころも、からだも
ひだまりの中で寝る子犬の顔
幸せの理由はそれくらいでいい


繰り返し思い出す日の
音と絵がずれる
穴の空いた切符
いつのまにかなくした
震える手で足りないものばかり数える


うその作品に見惚れている
誰が言ってたの?
食傷ばかりだ
意味がないなら楽しめばいいよ
幸せの代わりに食卓に並ぶ欺瞞


繰り返し思い出す日の
音と絵がずれる
穴の空いた切符
いつのまにかなくした
震える手で足りないものばかり数える


くじら『うそだらけ』の 詳細

『くじら - うそだらけ』収録の『生活を愛せるようになるまで』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.08.17
購入:
曲名:
うそだらけ
歌手:
くじら
作詞:
くじら
作曲:
くじら
編曲:
くじら
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

くじら うそだらけ 歌詞