いのちのせんたく 歌詞くじら

『くじら - いのちのせんたく』収録の『生活を愛せるようになるまで』ジャケット
発売:
2022.08.17
作詞:
くじら
作曲:
くじら
編曲:
くじら

くじら「いのちのせんたく」歌詞

濁してく 日々を濁してく
磨りガラスあけても
まばらに浮かぶ雲を眺めてた
揺れる急行


歪に綺麗に積まれた箱で僕ら生きている
シチューの具合を見に行く君の足音
どんな音楽でも消せない


夢の中で溺れるような足がすくむような
ここを抜けていのちのせんたくを


鈍い光を放った
当たり前と呼ばれるまで 
いつかまた振り出しに戻される
誰かの不幸を願う度
毒を飲んでいることに気づかないままで
気づけないままで
忙しない生活に


夢の中で溺れるような足がすくむような
ここを抜けていのちのせんたくを


壁に写る花の影
薄づきの匂い
褪せるグレーのTシャツにて
夏は油絵を落としたように
揺れている


夢の中で溺れるような足がすくむような
ここを抜けていのちのせんたくを


くじら『いのちのせんたく』の 詳細

『くじら - いのちのせんたく』収録の『生活を愛せるようになるまで』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.08.17
購入:
曲名:
いのちのせんたく
歌手:
くじら
作詞:
くじら
作曲:
くじら
編曲:
くじら
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

くじら『いのちのせんたく』の Official Music Video

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

くじら いのちのせんたく 歌詞