ひぐらし 歌詞くじら

『くじら - ひぐらし』収録の『寝れない夜にカーテンを開けて』ジャケット
発売:
2020.10.15
作詞:
くじら
作曲:
くじら

ステータス:

公式 フル

くじら「ひぐらし」歌詞

濁った泥を抱きしめる毎日でした
それさえも愛おしくて
灰色飲んでようやく虚な目を向けて
しばらく寝るよ、ごめんね、おやすみ


何もなかったかのように満員電車に乗った
ひどいクマだ ガラスに反射した
背を丸め、歩いてたって救われはしないのに
こうでもしないと自分に寄り添えないままで


あのひぐらしが鳴いては落ちた夜に
汗ばんだ記憶だけ取り残されて 
朝の匂いにつられ首を振る扇風機と宵の幕切れ
僕はうずくまって涙を枯らした


ドクドクと音がする 呼吸もままならないんだ ねえ
くだらないよな くすんだ春の終わりを描いた
不思議と見える 幸せの色


いつも目が合うようなアスファルトに話した
「調子はどう?踏まれてばっかで僕と同じだね。
大変なのはわかるけど耐えて偉いね。」
やけに大きく聞こえて、涙があふれたんだ


あのひぐらしが鳴いては落ちた夜に
汗ばんだ記憶だけ取り残されて 
朝の匂いにつられ首を振る扇風機と宵の幕切れ
そのまま眠れずにいる


何もなかったかのように満員電車に乗った
ひどいクマだ ガラスに反射した
背を丸め、歩いてたって救われはしないのに
こうでもしないと自分に寄り添えないままで


あのひぐらしが鳴いては落ちた夜に
汗ばんだ記憶だけ取り残されて 
朝の匂いにつられ首を振る扇風機と宵の幕切れ
そのままくるまって動けずにいる


くじら『ひぐらし』の 詳細

『くじら - ひぐらし 歌詞』収録の『寝れない夜にカーテンを開けて』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2020.10.15
購入:
曲名:
ひぐらし
歌手:
くじら
作詞:
くじら
作曲:
くじら
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

くじら 『ひぐらし』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

くじら ひぐらし 歌詞