おもいで酒場の歌詞 氷川きよし

『氷川きよし - おもいで酒場』収録の『母』ジャケット
  • 作詞:
    久仁京介
  • 作曲:
    四方章人

ステータス:

公式 フル

氷川きよし「おもいで酒場」歌詞

雨に濡らした 裾(すそ)端折(はしょ)り
入ったあの日の おもいで酒場
わたしひとりが 身をひいた
それであなたは しあわせでしょう
憎さいとしさ みれん酒


意地をはるやら 無茶もした
好きゆえ甘えた わがままでした
ふたり一つの 命だと
ぎゅっと抱かれた 背中がうずく
罪なひとです ひとり酒


紅(べに)も薄うすめに 描(か)いてます
誰かに好きだと 云われたくない
もしや暖簾(のれん)を 撥(は)ねあげて
あなた来るなど 夢にもないが
バカねおんなの 名残り酒


『氷川きよし - おもいで酒場 歌詞』収録の『母』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2020.02.04
  • 曲名:
    おもいで酒場
  • 歌手:
    氷川きよし
  • 作詞:
    久仁京介
  • 作曲:
    四方章人
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE