仲間を想う 歌詞

歌手
キヨサク(MONGOL800)

キヨサク(MONGOL800)「仲間を想う」歌詞

特に用もなく 集まってきて
特に大事な 話はしない
昔の話 未来の話
彼女の話 話を聞けよ


友情だとか 親友だとかは変で
腐れ縁なだけだろう ゆるいつながり
一人になりたいときには
そばにいやがる


何も聞かずに 大声で笑い
何も言わずに ただ飯を食う
迷う自分を 悩む自分を
笑い飛ばして 背中を叩く


ただ根拠もなく なんとなくだけど
きっとずっと 変わらぬ時間
喧嘩もするし 抱き合いもする
振り向けばいる 肩組んで笑う


またな
嗚呼


『キヨサク(MONGOL800) - 仲間を想う 歌詞』収録の『』ジャケット
シェアリンク
曲名: 仲間を想う
歌手: キヨサク(MONGOL800)
作詞: 篠原誠
作曲: キヨサク(MONGOL800)
ステータス:

もし修正があれば、一緒に改善しましょう:

『公式の歌詞がリリースされ次第このページを更新します』

キヨサク(MONGOL800)『仲間を想う』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE