サマーデイズ 歌詞King & Prince

『King & Prince - サマーデイズ』収録の『Re:Sense』ジャケット
  • 発売:
    2021.07.21
  • 作詞:
    草川瞬
  • 作曲:
    Susumu Kawaguchi・草川瞬
シェア:

ステータス:

公式 フル

King & Prince「サマーデイズ」歌詞

Yeah!! Yeah Yeah Yeah…
Shake it Shake it Shake it…


待ち焦がれた熱い季節 太陽より燃え上がるSOUL
サングラス越し狙う君のハート
(I want you I want you Yeah Yeah)
魅惑の季節 ココナッツの香り もう止まらない
今すぐ胸の高鳴る方へ


砂浜に夢描き 波に願った 流されて消えないように
これ以上ない神展開! 感謝ハレルヤ!


君と今 Shake it Shake it Shake it Shake it I LOVE YOU
灼熱の恋 火傷ご注意!
愛も夢も全て夏に捧ごう
いつまでも Shake it Shake it Shake it Shake it I LOVE YOU
鳴り響く恋のファンファーレ
赤く染まる心 溶けてしまうほどに
そうさ 終わらない常夏モード 身も心も焦がして
世界で一番! サマーデイズ!


地平線に沈む夕日 星空が照らす二人
夜になっても止まらないエキサイティング
(I want you I want you Yeah Yeah)
朝までParty time 情熱的なダンスで その手を引いて
捕まえるのさ 今夜キメるぜ


青春の一ページ 戻らない瞬間(とき) この気持ち伝えたい
マグマ級のLove注入 ココロハレルヤ!


君だけに Shake it Shake it Shake it Shake it I LOVE YOU
打ち上がる恋の花火
夜空を駆け巡る 恋の光
美しく Shake it Shake it Shake it Shake it I LOVE YOU
さりげなく肩抱き寄せて
不意打ちのKiss でも夏に許して
そうさ 大胆にハメを外して 飛ばした海岸線
世界で一番! サマーデイズ!


この夏は“最高”を日々更新中さ!
もしかして物足りない? ご安心あれ!
目を閉じて! 夏感じて! まだまだハレルヤ!


君と今 Shake it Shake it Shake it Shake it I LOVE YOU
灼熱の恋 火傷ご注意!
愛も夢も全て夏に捧ごう
いつまでも Shake it Shake it Shake it Shake it I LOVE YOU
鳴り響く恋のファンファーレ
赤く染まる心 溶けてしまうほどに
そうさ 終わらない常夏モード 身も心も焦がして
世界で一番! サマーデイズ!


『King & Prince - サマーデイズ 歌詞』収録の『Re:Sense』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.07.21
  • 曲名:
    サマーデイズ
  • 歌手:
    King & Prince (キンプリ)
  • 作詞:
    草川瞬
  • 作曲:
    Susumu Kawaguchi・草川瞬
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

「サマーデイズ」のリリース情報

King & Princeの3rdアルバム「Re:Sense」が7月21日にリリースされる。


「Re:Sense」は昨年9月リリースの「L&」以来約1年ぶりとなるアルバム。既発のシングル曲「I promise」「Magic Touch」「Beating Hearts」や、さわやかな青春ソング「僕らのGreat Journey」、2019年にアメリカ・ロサンゼルスでレコーディングされた「Namae Oshiete」といった新曲を収録。また本作は異なる内容のDVDが付属する初回限定盤AおよびB、CDのみの通常盤が用意され、初回限定盤A付属のDVDには「僕らのGreat Journey」のミュージックビデオとそのメイキング映像、MVの番外編、「Making of『Re:Sense』」と題された映像が、初回限定盤BのDVDには「Namae Oshiete」のMVとそのダンスバージョン、メイキング映像、「『Namae Oshiete』レコーディングドキュメンタリー in LA」と題された映像がそれぞれ収められる。


アルバムのリリースに伴い、ライブツアーの開催も決定した。ツアーは7月25日に大阪・大阪城ホールでスタートし、9月19日に北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナで締めくくられる。


「King & Prince」コメント

続いては、ライブで盛り上がること間違いなしの解放感あふれるパーティーチューン。「ユメラブ」で待ち焦がれていた“夏”がようやくここでやってくる。作詞は前曲に引き続き草川瞬だが、打って変わって本曲では、サングラスや花火など、夏を感じさせるワードがふんだんに用いられている。ソリッドなギターのバッキングは、真夏の太陽から降り注ぐギラギラとした強い陽射しのよう。聴き手のテンションを何倍にも押し上げるブラスアレンジは中野勇介によるもの。夏の太陽を浴びながら、この曲のビートで目一杯騒ぎたい。さあみなさん、タオルを回す準備はいいですか?


感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ