ごめんね クリスマス 歌詞 欅坂46


Keyakizaka46 - Gomen ne Christmas Lyrics
ごめんね クリスマス 歌詞
歌手:欅坂46

ごめんね クリスマス 会いに行けなくて… 窓から 降る雪を見てる 最後のクリスマス 君が待つチャペル もし会ってたら もう一度 愛してしまうよ

傷つけるくらいなら 嫌われた方がいいんだ 時計台 進む針 優しさとは何だろう?

君は君らしく (望んでるものはここにはない) 夢を見て欲しい (僕と付き合ってちゃダメだと思う) 悲しいけど 涙拭いて 歩き出すんだ

聖なるこの夜に 別れを選んだ 想いは永遠を誓う 意味あるこの夜に 終わりにするんだ 今でも君を 誰より 愛してるから

君と瞳(め)を合わせずに このまま逃げてていいのか? サヨナラを言わなけりゃ 愛しさまで嘘になる

僕は僕らしく (それは勝手だと言われたって) けじめはつけなきゃね (君は今の恋を捨てて行くんだ) 勇気出して 君に会って 憎まれようか

ごめんね クリスマス 会いに行けなくて… 窓から 降る雪を見てる 最後のクリスマス 君が待つチャペル もし会ってたら もう一度 愛してしまうよ

美しい思い出を そのまま残して行けば AH 君はきっと 振り向いてしまう 僕を忘れて…

聖なるこの夜に 別れを選んだ 想いは永遠を誓う 意味あるこの夜に 終わりにするんだ 今でも君を 誰より 愛してるから

発売日:2019.02.27
作詞:秋元康
作曲:フジノタカフミ
ステータス:公式フル
Gomen ne Christmas Lyrics
Artist:Keyakizaka46

gomen ne kurisumasu ai ni yukenakute… mado kara furu yuki wo miteru saigo no kurisumasu kimi ga matsu chaperu moshi attetara mou ichido aishite shimau yo

kizutsukeru kurai nara kirawareta hou ga iin da tokeidai susumu hari yasashisa to wa nan darou?

kimi wa kimi rashiku (nozonderu mono wa koko ni wa nai) yume wo mite hoshii (boku to tsukiattecha dame da to omou) kanashii kedo namida fuite arukidasun da

sei naru kono yoru ni wakare wo eranda omoi wa eien wo chikau imi aru kono yoru ni owari ni surun da ima demo kimi wo dare yori aishiteru kara

kimi to me wo awasezu ni kono mama nigetete ii no ka? sayonara wo iwanakerya itoshisa made uso ni naru

boku wa boku rashiku (sore wa katte da to iwaretatte) kejime wa tsukenakya ne (kimi wa ima no koi wo sutete yukun da) yuuki dashite kimi ni atte nikumareyou ka

gomen ne kurisumasu ai ni ikenakute… mado kara furu yuki wo miteru saigo no kurisumasu kimi ga matsu chaperu moshi attetara mou ichido aishite shimau yo

utsukushii omoide wo sono mama nokoshite yukeba AH kimi wa kitto furimuite shimau boku wo wasurete…

sei naru kono yoru ni wakare wo eranda omoi wa eien wo chikau imi aru kono yoru ni owari ni surun da ima demo kimi wo dare yori aishiteru kara

Release:2019.02.27
Did we help?:Send us a tip!
Status:OfficialFull
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE