Vanilla 歌詞

『須田景凪 - Vanilla』収録の『Billow』ジャケット
歌手:

須田景凪

よみ: バニラ
発売日: 2021.02.03
作詞: 須田景凪
作曲: 須田景凪

余りに苦くて飲み込めない
寂しさが此処には溢れてる


間違いばかりの日々の中を
歩いては光がちらついた


酷い世界の中でさえ
君とならば笑い合える
共に生きていよう


なあ
いつか二人はひとつになって
曖昧な心を愛と呼ぶのだろう
赦せない罪などひとつも無いさ
優しい言葉をただ聞かせて
なあバニラ


些細な言葉に苛まれて
当てもなく夜はまた深くなる


窓の向こう側 過ぎ去る雲
遠のいた影法師 街の音


君の瞳に映るのが
花曇りの永遠であれど
共に生きていよう


なあ
いつか二人はひとつになって
悩ましい痛みを恋と呼ぶのだろう
赦せない罪などひとつも無いさ
優しい言葉をただ聞かせて
なあバニラ


なあ
いつか二人はひとつになって
曖昧な心を愛と呼ぶのだろう
赦せない罪などひとつも無いさ
優しい言葉をただ聞かせて
なあバニラ

リンクをコピー

歌手: 須田景凪
ステータス: 公式 フル

※歌詞のご指摘はこちら

  • 須田景凪 Vanilla 歌詞

VIDEO

須田景凪『Vanilla』の動画

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

須田景凪 Vanilla 歌詞