風の姿の歌詞 かぜのすがた 須田景凪

『須田景凪 - 風の姿』収録の『Billow』ジャケット
  • 作詞:
    須田景凪
  • 作曲:
    須田景凪

ステータス:

公式 フル

須田景凪「 風の姿 」歌詞

風が忙しなく窓を叩いた
その度に秋の匂いがした
閉じた瞼に触れる 生温い熱


真夜中の羊の群れに
手を伸ばす気怠い部屋で
潤む瞳は誰を思い出していたの


長い髪が細い指が
昇る陽に溶けていた
その姿に愚かなほど
見惚れていた


水面に映る姿を覗く
猛毒の様な私がいた
呼応して今を交わして生き延びている


向い風に抱きしめられて
得も言えず声を失う
この心は言葉で言い表せない


晴々と語る声が
鳥の様に響いていた
その音色に近付くほど
顔を伏せた


思い出せないことが
ひとつひとつ増えていく
大事な温もりも 帰るべき場所も


言い出せないことが
ひとつひとつ増えていく
後悔も焦燥もあなたが赦した


微笑みが 触れる指が
憎いほど優しくて
一筋のその眼差しが
胸を刺した


『須田景凪 - 風の姿 歌詞』収録の『Billow』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.02.03
  • 曲名:
    風の姿
  • 読み:
    かぜのすがた
  • 歌手:
    須田景凪
  • 作詞:
    須田景凪
  • 作曲:
    須田景凪
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE