色に出ずの歌詞 いろにいず 須田景凪

『須田景凪 - 色に出ず』収録の『Billow』ジャケット
  • 作詞:
    須田景凪
  • 作曲:
    須田景凪

ステータス:

公式 フル

須田景凪「 色に出ず 」歌詞

あの日去った青空は
何処か濁って映っていた


どのみち もう定かでない
頭の中の景色だから


気にも留めない
街路樹の色
共に赦した小部屋の孤独
あなたの体温が思い出せないの
いつからだろうな


あなたは何処で何をしているの
何を見て 何を感じて
生きているの 嗚呼
あの季節に僕はまだ取り残されて
冷たい風を浴びている


あの日酔った人混みで
あなたを未だ探している


変わってしまった街の中
変わる事がただ怖かった


心許ない
青枯の日々
確かなうつつを見過ごしては
あなたの影を見失ってしまった
古い記憶みたいに


あなたは何処で何をしているの
誰を見て 誰を感じて
生きているの 嗚呼
あの日暮れに僕はまだ取り残されて
眠たい風を浴びている


この街は浴槽みたいだ
すぐに流れ溢れゆくばかりだな
でも何故か愛してしまうよ
冷えてゆくばかりなのに


あなたは何処で何をしているの
何を見て 何を感じて
生きているの 嗚呼
あの季節に僕はまだ取り残されて
冷たい風を浴びている
しのぶれど色に出ず


『須田景凪 - 色に出ず 歌詞』収録の『Billow』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.02.03
  • 曲名:
    色に出ず
  • 読み:
    いろにいず
  • 歌手:
    須田景凪
  • 作詞:
    須田景凪
  • 作曲:
    須田景凪
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE