『須田景凪 - 飛花 歌詞』収録の『Billow』ジャケット 公式 フル

飛花 歌詞

歌手
須田景凪

須田景凪「飛花」歌詞

花は散ってしまった
残るのは僕等を包む日溜まり
穴の空いた心だ


柔い風の中
あなたの瞳は木陰に隠れて
見失っていた


夏の気配が近付く度
春が遠退いていく


ねえ まだ
何一つも返せてはないのに
あなたの背を目で追うことだけ
何処かで食い違った誓いの言葉も
花の香りと共に散りゆくだけ


雨は遠い過去
幸福 愛憎
胸に暮らしてる
馬鹿みたいな心だ


深い夜の底
這い寄る甘えに
溺れてしまいそう
それもいいかって


あなたの声に触れる度に
僕は恥ずかしくなる


ねえ ただ
その雫に見惚れてしまうのは
誰よりあなたが恐ろしいから
何処かで分かち合った互いの痛みは
花の枯れる様に酷く似ていた


色めいていく景色は二度とは戻らない
全ては等しく木陰へと
限りのある世界じゃ上手く笑えない
全てを抱えて生きていくだけ


ねえ ほら
何か一つ言葉を探すなら
どんな響きに辿り着くでしょう
何処かで傷が付いた静かな気配に
今は全て委ねていたいから


ねえ まだ
何一つも返せてはないのに
あなたの背を目で追うことだけ
何処かで食い違った誓いの言葉も
花の香りと共に散りゆくだけ


発売日: 2021.02.03
曲名: 飛花
読み: ひか
歌手: 須田景凪
作詞: 須田景凪
作曲: 須田景凪
ステータス: 公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

須田景凪『飛花』の MV / PV

LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞Related Lyrics

NEW & RECOMMENDED
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE