farce 歌詞 須田景凪


farce Lyrics
farce 歌詞
歌手:須田景凪

あなたの作り笑いはとても寂しいから 度々に僕は抱くのです ささやかな憂患を

美しい朝靄だってあなたにあげるのに それさえ疑い続ければ 暮らしは燻るな

贅沢を言わせて貰えるのならば あの日観た メロドラマの片隅に

いつの日か あなたの顔を見て話せたら その時はどんな話をしようかしら 鮮やかな 物語の末を求めたら きっと逆らえない運命に溺れてしまうかな

怖ろしい夕闇の中 ほころぶ紫蘭の葉 雲に混ざりゆく摩天楼 優しさを頂戴な

あなたの作り笑いはとても寂しいから 度々に僕は抱くのです ささやかな憂患を

飴玉を転がし 街を歩いていた 色褪せた エピローグの裏側だ

いつまでも うつろな闃を背負い続けたら 愛想のない言葉だけが響いているかしら まざまざと 熟れゆく獣の様な日々は ずっと変わらない証明と信じていたのにな

言えない 言えない 果てだとしても 逃避行もないくらいに生憎の雨だ ドーリー 見届けておくれ

癒えない 癒えない 傷だとしても どうしようもないくらいに愛に会いに行くんでしょう そんなモノローグを許してね

いつの日か あなたの顔を見て話せたら 哀感は雨模様に染まっているかしら 華々と抱えた傷も愛せたのなら こんな下らない終劇に差し出す花束が きっと他愛ない憧憬を飾ってくれるだろう

どうか笑わないで僕をその目で見ていてね

発売日:2019.01.16
作詞:須田景凪
作曲:須田景凪
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

Lyrical Nonsense