シグナル 歌詞斉藤和義

『斉藤和義 - シグナル』収録の『55 STONES』ジャケット
  • 発売:
    2021.03.24
  • 作詞:
    斉藤和義
  • 作曲:
    斉藤和義
シェア:

ステータス:

公式 フル

斉藤和義「シグナル」歌詞

あなたのことを 忘れていくよ 好きだったことさえも
話したことも 手の温もりも もう全部忘れちゃったよ  
澄みきった空が 広がっているよ 散らかった部屋の向こう
人混みの中 紛れに行くよ 重たいドアを開けて


この街は形を変えていく 取り壊わされてく思い出の景色
風が吹く 雲は流れていく もう二度と戻れない そんな事くらいわかってるよ


いつかどこかで きっとどこかで また会えたとしたら
何も言わずに 少し目を伏せて すれ違うだけ
その時本当の 夢の終わり知るんだ
      
心の声に 耳を塞いで 立ち尽くす交差点
信号が青に 進めと言うよ 赤のままでいいのに


今あなたは 何を感じている 想い出すべて消し去ったのかな 
風が吹く 雲は流れていく 星空にベールかけ ウエディングドレスで踊らせたり


いつかどこかで きっとどこかで また会えたとしたら
何も言わずに 少し笑って すれ違うだけ
その時信号が 黄色のまま止まった


いつかどこかで きっとどこかで また会えたとしても
何も言わずに 少し目を伏せて すれ違うだけ
絡めた指も 濡れた唇も あんなに泣いたことも
忘れていくよ それでいいんだろう それしかないんだろう
その時信号が また青に変わった


  • 発売日:
    2021.03.24
  • 曲名:
    シグナル
  • 歌手:
    斉藤和義
  • 作詞:
    斉藤和義
  • 作曲:
    斉藤和義
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

斉藤和義 『シグナル』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ