猫の毛 歌詞斉藤和義

発売:
2020.01.29
作詞:
斉藤和義
作曲:
斉藤和義

ステータス:

公式 フル

斉藤和義「猫の毛」歌詞

君に恋をした 稲妻が光り
僕の闇を連れ去っていった
あの時の気持ち
今も覚えてる
分かりづらいかもしれないけど


虚しいだとか 切ないだとか
風、強く吹いても
飛ばされないたぶん二人なら


このまま旅を続けよう
シャツには猫の毛付けたまま
答えより 隣がどうとかより
このままずっと一緒にいたいよ


寂しいだとか 憎らしいとか
道、曲がりくねっても
それもなんだか面白そう


このまま旅を続けよう
シャツには猫の毛付けたまま
答えより 昨日がどうとかより
このままずっと一緒にいようよ


何処にも辿り着かなくても


斉藤和義『猫の毛』の 詳細

『斉藤和義 - 猫の毛 歌詞』収録の『202020』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2020.01.29
曲名:
猫の毛
歌手:
斉藤和義
作詞:
斉藤和義
作曲:
斉藤和義
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

斉藤和義 『猫の毛』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

斉藤和義 猫の毛 歌詞