ねぼけたまちに

寝ぼけた街に 歌詞斉藤和義

『斉藤和義 - 寝ぼけた街に』収録の『寝ぼけた街に』ジャケット
  • 発売:
    2021.10.27
  • 作詞:
    斉藤和義
  • 作曲:
    斉藤和義
シェア:

ステータス:

公式 フル

斉藤和義「寝ぼけた街に」歌詞

寝ぼけた街の色 重たそうな足音
夢の中へ戻りたいけど
いつのまにやら消えた冷たい朝靄


はしゃぎ過ぎた夏を それぞれ胸に抱いて
風の中へ飛び込むのさ
いくら探したって説明書なんてない


名も知らない焦げ茶色した鳥が行く
分厚い雲を突き抜けて 飛ぶよ
どこへ行く? その向こうに何が待っている
少しだけ教えてくれよ そこはどんなところ


又聞きの噂に 踊らされたくはない
僕は立ってる ここに立ってる
Wi-Fi なんてここじゃ繋がらないけど


歩いても 立ち止まっても 時計は回る
眩しい夕日が 涙連れ去っていく
どこへ行く? その向こうに誰が待っている
少しだけ教えてくれよ それはあの人かい?


名も知らない焦げ茶色した鳥が行く
分厚い壁を突き抜けて 飛ぶよ
どこへ行く? 白い鳥が海を渡る
もしかして あの鳥は あの時の きっとキミなんだろう?


『斉藤和義 - 寝ぼけた街に 歌詞』収録の『寝ぼけた街に』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.10.27
  • 曲名:
    寝ぼけた街に
  • 読み:
    ねぼけたまちに
  • 歌手:
    斉藤和義
  • 作詞:
    斉藤和義
  • 作曲:
    斉藤和義
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ