『KAT-TUN - Reflect Night』収録の『IGNITE』ジャケット

Reflect Night 歌詞 KAT-TUN


KAT-TUN - Reflect Night Lyrics
Reflect Night 歌詞
歌手:KAT-TUN

君の影と僕の影が小さく揺れてる 光を映して その瞳はいつもより濡れてる

そっと向き合い 静かに見つめ合うだけで どれだけの想いが伝わって行くんだろう 暗闇の中 お互いだけがメジルシだから

今言葉はいらないよ ずっと此処に在る 「ありがとう」

夜(よ)が明けるまで照らし続けよう 悲しみも痛みだって全部 誰かに出会うための日々さ まるで星たちのように

手の平から空に昇るひと筋の糸を (Just make me feel reflect night) 君と並んで見上げていようか 遠い日々のように

ただ隣に居たいんだ ずっと君と歩く道を

夜が明けてもそう照らし続けよう 喜びも微笑みも全部 誰かを守るための灯り いつまでも輝く

欠けてるピースを埋めなくても 抱きしめて向き合えば広がる未来 どんな時でも側にいるよ ただ

夜が明けるまで照らし続けよう 悲しみも痛みだって全部 誰かに出会うための日々さ (きっと) まるで星たちのように

いつまでも輝いて

発売日:2019.07.31
作詞:miyakei
作曲:Susumu Kawaguchi・Christofer Erixon
ステータス:公式フル
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE