大人の歌詞 おとな カンザキイオリ

『カンザキイオリ - 大人』収録の『大人』ジャケット
  • 作詞:
    カンザキイオリ
  • 作曲:
    カンザキイオリ

カンザキイオリ「大人」歌詞

ある朝目覚めると 俺は大人になっていた
声も枯れて シワも増えて 目の下にクマが出来ている
少しばかりの筋肉と 肩幅も少しついたらしい
部屋の隅に転がる靴下 その隣で異臭を出すゴミ袋


「あの頃は本当にごめん」 そう言ってくれた昔のやつら
あの時裏切ったのは あいつじゃなくて俺だったじゃないか
なのになかったことにして 「なあ元気か?」って何言ってんだよ
癒えてない傷に蓋ができるほど 俺は大人にはなっちゃいない


俺は偏屈な人間なのに 上司はいつでも飯を奢った
うまそうに飯を食う俺を 上司はいつだって可愛がった
恩返しがしたい そう思う時に限って手遅れだ
恩を売るだけ売り付けて 一体何で愛を伝えりゃいい


過ぎ去ったもの全てが許せない
夢よ 早く覚めろ


大人になって分かった ことなんて単純だ
夏は暑くて 冬は寒いこと
妄想だって思った
この感情の全てに 名前があるということ


死ぬとか生きるとかそんなことより 明日の飯どうしよう
感受性なんてもの捨て去って 今は今に死に物狂い
休みは一人で風俗行って 安い居酒屋で吐くほど飲んで
会社で出来た仲間と 下ネタ言い合う一週間


あるとき突然涙が出できて 一歩も前に歩けなくて
誰もが俺を心配して 慰めてくれてなんて俺は幸せ者だ
幸せ者だ だから早く 夢から覚めろ


立ち止まる勇気を認めない
自分が 心底嫌いだ


大人になって分かった ことなんて単純だ
夢は叶うこと 努力は報われること
一人は寂しいこと 二人は気まずいこと
人間は難しいこと


やっぱりそうだよな
もう二度と子供には戻れないんだ
大人たちが犯罪を起こす理由がやっと分かったよ
苦しくて寂しい夜は誰にだってあるよ


「あの頃は本当にごめん」 そう言ってくれた昔のやつら
あの時裏切ったのは あいつじゃなくて俺だったじゃないか
でも嬉しいよ だって俺はずっと あいつを気にしてた
大人になるまでずっと 子供のままでずっと
シワが出来るまでずっと 髪が痛むまでずっと
肌が荒れるまでずっと 息が切れるほどずっと
時間が全てを解決するって 実際ある話なんだな
俺は大人なんだ だから言うよ


ごめんなさい
会いたかったよ


大人になって分かった ことなんて単純だ
人は醜くて 人は優しいこと
心の奥に眠る憎悪が
剥がれ落ちても 何も変わらない


大人になって分かったんだ
二度とは戻れないんだ


『カンザキイオリ - 大人 歌詞』収録の『大人』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.07.22
  • 曲名:
    大人
  • 読み:
    おとな
  • 歌手:
    カンザキイオリ
  • 作詞:
    カンザキイオリ
  • 作曲:
    カンザキイオリ
  • ステータス:

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

カンザキイオリ 『大人』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ