ネクロの花嫁 歌詞

歌手
奏音69

物謂わぬ口唇に生気[いき]を吹き込んで、
今宵「  」[あなた]は甦る。あの頃の姿で。


白肌の娘が咳をした。「この身体貴方に捧げるわ」
白服の医者が囁いた。「迎えに行くよ」


白肌の娘は朽ち果てた。世界の誰にも見棄てられ。
白服の医者は憐れんで、誰も知らない居場所で眠らせた。


朽ちてもまだ美しい顔で、
ふたりしかいない霊廟で、医者は恋をした。


それは永遠の恋か。禁断の行為か。
また逢いたいと願うだけ。それが罪なのでしょうか。
物謂わぬ口唇に生気[いき]を吹き込んで、
今宵ふたりは結ばれる。祝福もされずに。


「腐り墜ちた眼孔に青い硝子を」
「破れかけた腕に絹の肌を」
「侵された内臓に綿のガーゼを」
「宝石で飾った純白[しろ]いドレスを」


朽ちゆくたび取り繕って、
恋を謳って、また医者は手を染め続けた。


やがて暴かれたのは醜悪[みにく]い怪物で、
「  」[それ]を造り上げた医者は、辨駁[べんばく]を叫んだ。
「これは永遠の恋だ。彼女の願望[ねがい]だ。
 死にゆくと決めたお前らが見棄てた女じゃアないか」


嗚呼……哀しき花嫁。物謂えぬままで、
今宵ふたりは裁かれる。
彼女を見棄てた人達の正義で。


正しいのはだあれ?


『奏音69ネクロの花嫁』収録の『RUNWAY』ジャケット
歌手: 奏音69
発売日: 2019.09.21
作詞: 奏音69
作曲: 奏音69
ステータス: 公式 フル
奏音69『ネクロの花嫁』の MV / PV
奏音69「ネクロの花嫁」MV - youtube Video
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞
Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE