『鹿乃 - Daybreak』収録の『いつかの約束を君に』ジャケット

Daybreak 歌詞 鹿乃


Daybreak Lyrics
Daybreak 歌詞
歌手:鹿乃

惑う心繋ぎ止める 何か求めて 闇に染まる遠い空を 一人見つめた

孤独の中導もなく 歩き続けて 何度同じ過ちを 繰り返してきた?

胸に残る痛みも 私が生きた証と 何もかも受け入れて また歩き出すから

立ち上がれ 誰よりも 強い想いがあるから この世界残された 光を探して

もう二度と戻らない 過去を振り返りはしない やがてまた陽は昇り すべて始まるDaybreak

掴みかけて砂のように 零れ落ちてく 遥か遠い地平線 戸惑い呼ぶけど

それでもまだ 信じているものがあるから 答え求め歩むことを 決して止めない

希望というカケラは 確かに息づいている 時を超えどこまでも 祈りを届けよう

舞い上がれこの想い 暗い夜を切り裂いて 抗えぬ運命(さだめ)でも 躊躇いを捨てて

どこまでも強くなれ 意志の導くその先 ただ一人求め行く 長い夢の終わりを

立ち上がれ 誰よりも 強い想いがあるから この世界残された 光を探して

もう二度と戻らない 過去を振り返りはしない やがてまた陽は昇り すべて始まるDaybreak

発売日:2019.09.25
作詞:samfree
作曲:samfree
ステータス:公式フル
Daybreak Lyrics
Artist:Kano

madou kokoro tsunagitomeru nanika motomete yami ni somaru tooi sora wo hitori mitsumeta

kodoku no naka shirube mo naku aruki tsuzukete nando onaji ayamachi wo kurikaeshite kita?

mune ni nokoru itami mo watashi ga ikita akashi to nanimo kamo ukeirete mata arukidasu kara

tachiagare dare yori mo tsuyoi omoi ga aru kara kono sekai nokosareta hikari wo sagashite

mou nido to modoranai kako wo furikaeri wa shinai yagate mata hi wa nobori subete hajimaru Daybreak

tsukamikakete suna no you ni koboreochiteku haruka tooi chiheisen tomadoi yobu kedo

soredemo mada shinjiteiru mono ga aru kara kotae motome ayumu koto wo kesshite yamenai

kibou to iu kakera wa tashika ni ikizuiteiru toki wo koe doko made mo inori wo todokeyou

maiagare kono omoi kurai yoru wo kirisaite aragaenu sadame demo tamerai wo sutete

doko made mo tsuyoku nare ishi no michibiku sono saki tada hitori motome yuku nagai yume no owari wo

tachiagare dare yori mo tsuyoi omoi ga aru kara kono sekai nokosareta hikari wo sagashite

mou nido to modoranai kako wo furikaeri wa shinai yagate mata hi wa nobori subete hajimaru Daybreak

Release:2019.09.25
Did we help?:Send us a tip!
Status:OfficialFull
NO TRANSLATION IS CURRENTLY PLANNED High-quality translations take time—your support helps us to continue bringing you the best! Please check our Patreon page for ways you can contribute to our work!
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE