世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた 歌詞

歌手
安斉かれん

周りの人が 輝いて見えて 周りの人が 羨ましくて 常に誰かと 僕を比べて 諦めてばかりいたんだ

人の評価に怯え 自分を隠して、やって来たけど それじゃ駄目 たった一度の短い人生 後悔だけはしたくないんだ

何を言われても 何が起こっても 周りに 合わせて 生きたくない 僕の人生は 僕のものだから いつか輝くことを信じ 前に進む Go way

周りの人が 大きく見えて 周りの人が 怖く思えて 世界の全て 敵に感じて 孤独さえ愛していたよ

頑張れの言葉さえ 窮屈に感じてしまうけれど それじゃ駄目 たった一度の短い人生 逃げ出すことはしたくないんだ

何を言われても 何が起こっても 今から 変わろう 遅くはない 僕は僕らしく 自由に生きたい 「僕は強くなるよ」と、ここに誓う 輝く未来 今、掴むためにと Go way

ひとり悩む 時もあるけど 前を向いて 進むしかない 限られてる 時間の中 意味のないことなどは、ひとつもないんだ

何を言われても 何が起こっても 周りに 合わせて 生きたくない 僕の人生は 僕のものだから いつか輝くことを信じ続け 「強くなる」と 今、ここに誓うよ Go way

発売日:2019.05.01
作詞:Kalen Anzai
作曲:BOUNCEBACK
ステータス:公式フル
PV / Music Video:
安斉かれん / 世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた(Music Video) - youtube Video
LNをフォローしよう!
Follow us!

関連歌詞 Related Lyrics

LYRICAL NONSENSE