キミとボクの歌の歌詞 キミとボクのうた 安斉かれん

『安斉かれん - キミとボクの歌』収録の『キミとボクの歌』ジャケット
  • 作詞:
    Kalen Anzai
  • 作曲:
    Sotaro Mochizuki

ステータス:

公式 フル

安斉かれん「 キミとボクの歌 」歌詞

陽が刺す方へ進む時
連れて歩く影
振り返る度に それに気付いていたけど


行く手を照らし
背を強く押す光にさえ
不安。恐さ。寂しさ。を感じていたんだ


キミとボクが重ねてきた
ただの言葉たちも
誰にだって、届かない物だよ
意味なんて、要らないよ
ただ 少し、震えてる…


音の無い夜も蒼い朝も
送れはしないよ
今、選ぶ言を燻っては
葉片を溢した
I wanna be with you
歩み出す理由なんて、もう
カタチ無くても探している


この世界は深く見えて
実は、儚くて
水面を眺めていても 何も見えなくて


自分を知らないフリして
偽りもしたけど、そんなのどうでもいいよ
見付かりはしないから


キミとボクの明日なんて
世界中の人には
ちっぽけで、下らない事だよ
意味なんて、要らないよ
ただ 少し、震えてる…


咲き出した日々も枯れる時も
遅れはしないよ
今、選ぶ花を見れたボクは、
強くなれたかな?
I wanna be with you
歩み出す理由なんて、もう
カタチ在っても探している


バラバラに壊れた
この胸の奥
拾い集めようとして
闇雲に向かったね
地図も無いくせに…


先の見えぬ旅立ち
踏み出したなら
それが答えかもなんて
馬鹿みたいな考え
空に掲げて
歩き続けてくさ…


音の無い夜も蒼い朝も
送れはしないよ
今、選ぶ言を燻っては
葉片を溢した
I wanna be with you
歩み出す理由なんて、もう
カタチ無くても探している


咲き出した日々も枯れる時も
贈れはしないよ
今、選ぶ花を見れたボクは、
強くなれたかな?
I wanna be with you
歩み出す理由だって、そう
全て。明日の光になる


『安斉かれん - キミとボクの歌 歌詞』収録の『キミとボクの歌』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.02.10
  • 曲名:
    キミとボクの歌
  • 読み:
    キミとボクのうた
  • 歌手:
    安斉かれん
  • 作詞:
    Kalen Anzai
  • 作曲:
    Sotaro Mochizuki
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

安斉かれん 『キミとボクの歌』の MV / PV

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE