あるふぁYOU 歌詞

『花譜 - あるふぁYOU』収録の『狂想α』ジャケット
歌手:

花譜

よみ: あるふぁゆー
発売日: 2023.03.08
作詞: カンザキイオリ
作曲: カンザキイオリ雄之助
編曲: カンザキイオリ雄之助

さよならも悲しみも
蝉時雨と同じ
命の限り叫んで
消えゆくだけ


ずっとずっと歩いた
君を探して何千年
廃都市のふりをした街の
電波塔に立った


言葉なんていらないって
もっともっともっと(君は言った)
沈みたいよ(陽が衒った) 僕を笑った
それでもただ叫んでる


ここはもう音がしない
まだ温さが残る
夏を背に泡になる
人魚姫のように


ここから落ちてしまおうか
そうしたら楽だろうな
砂埃が邪魔をしてる


涙なんて一粒も意味がなくて
心なんて無くてよかった
なんでなんでなんで(君のせいだ)
心地良いんだろう(君のせいだ)


水草にキスをする
ない呼吸が恋しい
夏なんてないほどに
冷たさが残る


戻れないんだよもう(泣いて泣いてアンテナに触れる)
ここじゃないんだよもう(全てが観える)
過ぎる日々を洗い流して
思い出を口にした


呪いのように
夏雲の味がする(君を愛しているんだ)
もう死んだみたいだ(街が泣いた 僕が泣いた)
砂埃に塗れた(君に届け)
泣く君が観える(「君のせいだ」)


さよならも悲しみも
蝉時雨と同じ
命の限り叫んで
消えゆくだけ

リンクをコピー

歌手: 花譜
ステータス: 公式 フル

※歌詞のご指摘はこちら

  • 花譜 あるふぁYOU 歌詞

VIDEO

花譜『あるふぁYOU』の動画

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

花譜 あるふぁYOU 歌詞