美しい終末サイクルの歌詞 JYOCHO

  • 作詞:
    中川大二朗
  • 作曲:
    中川大二朗

ステータス:

公式 フル

JYOCHO「美しい終末サイクル」歌詞

落ちた花びら つかんでいく
初夏の終わりに


あなたと同じ 切り取った
景色をなぞる 暮らしをしよう


過去は狂っていく世界のルールを決めていく
心はとおく


ベッドに就いた 目を閉じて
僕は止める 全てを止める


すべてに意味があるのならば 受け入れること知るだろう
僕には少し早すぎるから このルールに沿って歩く


風は強く 種が落ちる
雨が降って 記憶は繋がる


通り過ぎていく温度に触れ 大人になるなら
向けられていた優しさへと 応えるだろう


すべてに意味があるのならば 受け入れること知るだろう
僕には少し早すぎるから このルールに沿って歩く


シェアしよう!
  • 発売日:
    2018.12.05
  • 曲名:
    美しい終末サイクル
  • 歌手:
    JYOCHO
  • 作詞:
    中川大二朗
  • 作曲:
    中川大二朗
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
Follow us!

【 関連歌詞 】Related Lyrics

新着&おすすめ
文字サイズ
位置
テーマ
Font Size
Align
Theme
LYRICAL NONSENSE