アンドロメダ

Andromeda 歌詞星街すいせい

『星街すいせい - Andromeda』収録の『Still Still Stellar』ジャケット
  • 発売:
    2021.09.29
  • 作詞:
    ナノウ
  • 作曲:
    ナノウ
シェア:

ステータス:

公式 フル

星街すいせい「Andromeda」歌詞

愛された記憶も無いのに
愛される温もりだけは知っていた
生まれてきたその瞬間から
誰かの手 求めて生きてきたんだ


ああ 伸ばしただけ 崩れ落ちた
砂のようなこの想いが
胸にあるうちは どこへも行けやしないんだ


終わらない夜には 独りきりの朝には
隣で笑うように 涙が零れないように
孤独に輝いた 独りぼっちの星が
ここにいるよと叫んで歌になった
誰かがそれを見て 綺麗と言った


理由も無く泣きたくなるような
空しさと寂しさだけを持ち寄って
火を点けてさ 暖め合うんだ
もう二度と逸(はぐ)れてしまわないように


ねえ 正解とか 間違いとか
今は何も解らないけど
一つだけ確かなのは 私がいるってことだけ


近付いた分だけ 離れていく夢さえ
今ならその迷いごと 笑える気がするから
孤独に輝いた 点と点を合わせて
独りじゃないと叫んで歌になった
誰かがそれを見て 星座と言った


あなたの頭上に今も降りかかる
悲しみを溶かす光になりたい
憂いも痛みも一緒に抱えてくから
教えて


終わらない夜には 独りきりの朝には
隣で笑うように 涙が零れないように
孤独に輝いた 独りぼっちの星が
ここにいるよと叫んで歌になった
いつか誰かの夜を 照らすように


照らせるように


『星街すいせい - Andromeda 歌詞』収録の『Still Still Stellar』ジャケット
シェアしよう!
  • 発売日:
    2021.09.29
  • 曲名:
    Andromeda
  • 読み:
    アンドロメダ
  • 歌手:
    星街すいせい (ほしまちすいせい)
  • 作詞:
    ナノウ
  • 作曲:
    ナノウ
  • ステータス:
    公式 フル

    ※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

【 関連歌詞 】

文字サイズ
位置
テーマ