Neon Beauty 歌詞

『ヒトリエ - Neon Beauty』収録の『PHARMACY』ジャケット
歌手:

ヒトリエ

よみ: ネオンビューティー
発売日: 2022.06.22
作詞: シノダ
作曲: シノダ

スライドして化ける視界の
傍で微睡むあの子
騒めくニューロンの端から
端まで駆け巡るあの子
言葉にしてしまえば
カラスにまみれてく電波塔
かどわかされてしまいそうだ
宇宙に触れる黒い髪


ねえ、君は見たの?
溶けちゃうネオンビューティ
また泣きそうな顔したんだね
明日になれば、ホントがウソになって
嫌いなあの子もいなくなっちゃうね
そう、ドゥーユーアンダースタン?
赤く染めたいんでしょう
きっと似合わない、きっと似合わない。


くだらない心を燃やした熱でパンを焼く
つまらない話を聞きながらそれに齧りつく
液晶に囲まれて、僕らは逃げ場を無くした。
かどわかされてしまうのさ
絡みつく指も解けずに
何処にいても、ばかみたいだ。


ねえ、いつか見たよ
溶けちゃうネオンビューティ
また泣きそうな顔したんだね
明日になれば、ホントがウソになって
嫌いなあの子もいなくなっちゃうね
そう、ドゥーユーアンダースタン?
赤く染めたいんでしょう
きっと似合わない…
似合わなくてもいいの


ねえ、喉の奥に何を隠したの?
また本当のことが言えなかったね
明日になれば、それすらウソになって
でも、あの子はいなくなっちゃうね
そう、ドゥーユーアンダースタン?
好きな色にしたいんでしょう
きっと似合うよ、
きっと似合うよ。

リンクをコピー

Apple Musicで聴く
歌手: ヒトリエ
ステータス: 公式 フル

※歌詞のご指摘はこちら

  • ヒトリエ Neon Beauty 歌詞

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー

ヒトリエ Neon Beauty 歌詞