しみ 歌詞ヒグチアイ

『ヒグチアイ - しみ』収録の『悪い女 EP』ジャケット
発売:
2022.07.08
作詞:
ヒグチアイ
作曲:
ヒグチアイ

ヒグチアイ「しみ」歌詞

シャワー浴びながら思い出した後悔の夜
流しても擦っても落ちないシミは
鏡の中 頬に刻まれる


どうにかしなきゃともがいたところで
あの日の罪を消すことは無理だ
期待しないで 背中丸めて
日陰を生きていこう


そんなもんだろう そんなもんだろう
人生なんてそんなもんだろう
って言うほど 思うほど
そんなわけがないと思う
いつだって素顔でいたい
恥ずかしくも恥じていたい
愛せなくてもいいの
愛されていたから
諦めに似たような
ああ これがわたし


わたしだけが悪いのと 逃げたくなる日を
あなただけが悪いのと 責めたくなる日を
重ねていくの 平気なフリして


いっそシミだらけになってしまえば
全て元に戻るのでしょうか
覚悟はなくて まだ捨てきれなくて
日向だって歩いていたい


そんなもんだろう そんなもんだろう
人生なんてそんなもんだろう
っていうほど 思うほど
忘れてしまえないだろう
傷つけたかわりに
手に入れた優しさで
また愛していくよ
誰でもないわたしを
諦めに似たような
ああ これがわたし
諦めに似たような
ああ これがわたし


ヒグチアイ『しみ』の 詳細

『ヒグチアイ - しみ 歌詞』収録の『悪い女 EP』ジャケット
シェアしよう!
発売日:
2022.07.08
購入:
曲名:
しみ
歌手:
ヒグチアイ
作詞:
ヒグチアイ
作曲:
ヒグチアイ
ステータス:
公式 フル

※歌詞の間違いなどのご指摘はこちら

ヒグチアイ『しみ』の Official Audio

感想を聞かせて下さい:

【歌詞リリ】をフォロー
文字サイズ
位置
テーマ

Copyright © 2011-2022 Lyrical Nonsense【歌詞リリ】

Japan / Global

ヒグチアイ しみ 歌詞